読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不知火暁の独り言

不知火暁が普段のゲーム生活で思ったことをメモする場所。基本的に独り言

配布ってなんだろう

たまーに見かける議論なんですけど

配布の定義 とは?というもの

 

いやまぁ自分もプロフィールに配布縛り攻略云々とか書いてますし、このブログもそういうメモになってるんで他人事とは言えず。

 

ちょっと個人の意見をまとめてみます。別にこれと違う意見だからどーとか言うつもりも無いです。ただ、自分の方針とプレイスタイルをまとめて自分の中でも整理したい。このブログ独り言ですし

 

配布とは

広義には「ガチャ産でないもの」としています。運に依らず、手に入れようと努力すれば手に入るカードとも言います。

なので極端な話をすると、あかつきの定義的には魔道杯個人総合報酬も配布、としています。実際、このブログ開設当初は総合報酬の子達も攻略に使ってました(使わないと無理だった、とも言います)

 

実際に攻略に使うキャラ

とはいえ、実際に攻略に使うキャラは異なります。自分が攻略に使うキャラは以下の基準で選んでます

  1. 魔導師の家に常駐しているイベントで手に入る配布精霊(高難易度を除く)
  2. 現在開催中のイベントで手に入る配布精霊(高難易度も攻略済みの場合に限り含む)
  3. 過去に開催され、現在復刻がまだされていないイベントで手に入る配布精霊(イベント開催が前であるほど優先順位ダウン。半年より前のものは使用しない)
  4. 魔道杯累計pt報酬(直近3回分以内)
  5. AbcD、ブレイダーの精霊
  6. 二人協力高難易度

 

ざっとまとめるとこうなるのかな?と。

優先順位は基本的に1の方が高いのですが、微妙に前後するところもあるのであくまでも目安

 

可能な限り使いたくないキャラ

  • ノクトニアポリス突破を前提としたキャラ(インベラトラス結晶、ルベリ等のギルマス)
  • 魔道杯デイリー報酬、総合報酬
  • 半年以上前の配布で、復刻の見込みが無い精霊(トリエテリス等)

 

ノクトニアポリスを突破できるなら大抵のイベントハードには勝てるのと、ノクトニアポリスに行くまでに時間がかかるという理由。

古い配布キャラに関しては、所有してる人が一定の期間黒ウィズをプレイしているという前提が成り立つため。復帰組さん、という場合もありますが、そこまで対応するのも手間なので……(すみません)

 

結論

配布精霊と、俗にいう「入手難易度の低い精霊」とは異なります。あかつきのブログでは可能な限り後者で、攻略していくというスタイルを取ってます。

 

ぶっちゃけ定義なんて人それぞれでいいんです。楽しけりゃいいんです。

 

しかし、忘れてはならないのは黒ウィズってゲームは「精霊の組み合わせ」が何よりも大事だということ。色んな精霊が居るに越したことは無いですし、不要な精霊なんて1種類たりとも居ません。

 

クエストがクリアできない方。このブログがヒントになれば幸いです。時には回り道も必要かもしれません

 

魔道杯報酬が手に入らない方。こればかりは時間が無いと無理です。そういうものだと割り切りましょう。意外なキャラで代わりが利くかもしれませんよ?

 

 

 

少しでも多くの方が、少しでも長く、このゲームの魅力に引き込まれますよう。手助けになれば幸いです。

 

 

という独り言でしたとさ。ほんと長文書けないねこの人